事業内容・報告

障がい者スポーツとは

 障害者スポーツは、昭和39年に開催されたパラリンピック東京大会を契機に大きな広がりを見せました。

昭和40年より国民体育大会秋季大会の直後に行われるようになった全国身体障害者スポーツ大会は、リハビリテーションの成果を発揮する場として、また社会参加への意欲を高める場として全国に認知され、身体障害者のスポーツ参加を促進させました。

その後、障害者専用のスポーツセンター等の開設により、身近な地域でスポーツを行うことができるようになるなど、「楽しみ」としてスポーツ活動が促進されていきました。また、スポーツセンターを中心に様々なスポーツクラブが誕生・発展し、競技スポーツに参画する障害者も多く見られるようになりました。

平成13年には、平成4年から開催されてきた全国知的障害者スポーツ大会(ゆうあいピック)と全国身体障害者スポーツ大会を融合し、「全国障害者スポーツ大会」と名称を改め開催されるようになりました。

精神障害者のスポーツの振興については、バレーボール競技を中心に広がりをみせ、平成13年には全国大会が開催されるようになり、翌年より全国障害者スポーツ大会のオープン競技として実施されるようになるなど発展を遂げています。さらに卓球競技は、令和元年度の第19回全国障害者スポーツ大会より正式競技になりました。

 

宮崎県障がい者スポーツ協会の事業内容

1 宮崎県障がい者スポーツ大会の開催

2 全国障害者スポーツ大会への選手及び役員の派遣

3 障がい者スポーツ選手の競技力向上を図るための対策

4 障がい者ポーツに関する相談及び指導

5 障がい者スポーツの指導者の養成

6 障がい者スポーツ教室の開催

7 障がい者スポーツの調査研究

8 障がい者スポーツ大会参加の助成

当協会には、障がい者のスポーツ振興を図るため、障がい者スポーツ大会派遣団体・個人に対して助成金制度があります。
その対象は、全国障害者スポーツ大会の九州地区予選会及び全国大会相当の大会に出場に要する経費となります。

○   障がい者スポーツ大会選手派遣助成交付要綱      大会前 様式第1号~様式第5号  大会後 様式第7号~様式第10号

9 障がい者スポーツクラブの育成

障がい者のスポーツ振興を図るため、クラブ設置運営要綱により届け出たクラブへの助成制度があります。

10 全国障害者スポーツ大会開催準備事業

  ※ チャレンジドスポーツ

11 その他目的を達成するために必要な事業

 (1) 出前講座

市町村を対象にしたスポーツ教室のほかにも、学校・施設などに協会職員や公認障がい者スポーツ指導員が出向き、スポーツの指導を行います。障がいのある人もない人も一緒にスポーツで汗を流しましょう。

 (2) スポーツ用具の無償貸出

当協会には、フライングディスク、アキュラシーゴール、ボッチャ(ボール、ランプ)、カローリング、ディスゲッター、卓球バレー、スカットボールなどたくさんのレクリエーション用具があります。

 ~障がい者スポーツ用具の貸出再開について~

新型コロナウイルス感染拡大防止のために中止していた、障がい者スポーツ用具の貸出を8月から再開します。

本協会ではこれまで、用具の貸出を希望する方には、「借用申請書」のみ提出してもらっていましたが、国や県からの通知に基づき、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として用具の貸出及び取扱いについて、チェック項目を追加設定しました。

チェック項目を御確認の上、「借用申請書」の提出方よろしくお願いします。

        借用申請書(PDF版)○○  借用申請書(エクセル版) 

用具の写真

 

詳細は当協会へお問い合わせください。

投稿日:2018年12月3日 更新日:

Copyright© 宮崎県障がい者スポーツ協会 , 2020 All Rights Reserved.